EDの原因の種類とは?

EDで悩む男性EDは年齢を重ねるとなるものと、漠然とした思い込みを持っている人が多いです。しかし、実際には4つの種類の原因があり、原因に合わせた対処法が必要になります。
まず、一番多い原因ですが、器質性と呼ばれるものです。器質とは、臓器や器官の性質のことを言う言葉で、血管や神経の障害によって起こります。具体的には、動脈硬化や生活習慣病、泌尿器系の疾患や男性ホルモンの低下などです。ペニスを通る動脈の動脈硬化が進むとEDが起こりやすくなるといった具合です。勃起をするときには、血液の流れが重要になります。そのため、喫煙や飲酒などもEDにつながることが指摘されています。糖尿病まではいかない場合でも、肥満で発症することも多いので注意が必要です。高血圧や高脂血症などの生活習慣病は血管への負担が強く、EDが進行しやすくなっています。脳出血や脳腫瘍などは神経を圧迫しやすくなりますし、海綿体の神経や血管を傷つけるようなケガや手術によって誘発されることもあります。
二番目に多いのが、心因性によるものです。子作りへの重圧や仕事などのストレスなどの精神的な問題から発症します。心因性は更にパートナーである女性とうまくいっていないなどの現実心因と、幼少期におけるトラウマなどによる深層心因の2種類に分けることができます。カウンセリングなどを通しての治療が主体になります。心因性は30代といった比較的若い人にも多く、不安によって更に症状がひどくなってしまうことがあります。
上記のような器質性・心因性によるものの場合、多くは医師にかかるとバイアグラやレビトラなどのEDを改善する薬を処方してもらえ、それらを服用することで症状が改善することが多くあります。ただ、医師にかかるのに抵抗がある方、恥ずかしいと思う方もいらっしゃるでしょう。バイアグラもそうですが、誰にもバレずにレビトラを買うなら個人輸入を利用する方法もあります。
三つ目は 混合型です。生活習慣病や動脈硬化の症状を持つ人が、更にストレスを感じることで勃起不全になります。50代以降になると、体や精神面において何らかの問題を抱えることが多くなります。年齢が上がるにつれて混合型になる確率が高くなるといっても過言ではありません。どちらかを重視するのではなく、心身両方の面からのアプローチが必要になります。
四つ目は、薬剤性と呼ばれていて降圧剤、抗うつ剤、向精神薬、睡眠剤、ホルモン剤などを飲むことにより、血流が悪くなり勃起しにくくなってしまいます。薬の種類によって症状も変わってくるので、降圧剤を飲んだら必ず勃起しなくなるというわけではありません。個人差が多く、体調によって合う場合と合わない場合があるので、EDの症状を感じたら自分で服用を勝手に止めるのではなく、医師に相談して薬を変更するなどの対応をとってもらえば改善することもあります。

EDを食生活で改善するには

ED改善には和食が良い日本人男性の4人に1人がEDと言われています。思ったよりも多くの人がなっていると感じるのは、年齢が進んだ人だけでなく若い人にも症状が広がっているからです。これは、完全に勃起できないというだけでなく、勃起するまでに時間がかかったり、勃起してもその状態を維持できないという状態も含みます。満足にセックスができない状態のことを指す言葉だという事を覚えておきましょう。
このようなEDは年齢からくるものだから仕方ないと、多くの人が諦めています。しかし、生活習慣によって血流が悪くなることでペニスへの血液が減少し、勃起しないなどの問題がでてきます。中でも毎日の食生活というのは体への影響も大きく、見直す必要があることが多いです。いわゆる、メタボな人の食生活というのは、ペニスにも悪いので注意が必要です。精力をつけようと思って、牛丼や焼肉などの脂っこい食事を続けるのもよくありません。勃起というのは、性的な興奮によってペニスに血液が入ることで起こります。そのため血液がドロドロになっているとスムーズに勃起できなくなってしまいます。サラサラの血液にするためには、肉食よりは魚を中心とした食生活がおすすめです。野菜を意識して多めに食べて、食べ過ぎを予防するのも効果的です。アルコールを毎日飲む習慣がある人は、週に1回でも休肝日を設けるようにしましょう。外食やスーパーのお総菜というのは、悪玉コレステロールの原因となるトランス脂肪酸が多く含まれていて、体にもよくありません。
亜鉛というのはセックスミネラルと呼ばれるほど、男性機能にいい働きをすることが分かっていますが、加工食品に含まれるポリリン酸は亜鉛の吸収を阻害します。亜鉛には男性ホルモンの分泌を活発にしたり、精子を生成するのにも欠かすことができない栄養素です。牡蠣やうなぎなどに多く含まれていますが毎日の食生活で食べ続けることが難しいです。チーズや大豆、ごまなどにも含まれているので意識して食べましょう。また、ムチンは疲労回復に効果的な成分ですが、精力増強にも効果があります。納豆やオクラ、サトイモなどネバネバした食品に多く含まれていて、比較的手ごろな価格で買うことができるので、継続的に食べることができます。特定の食品だけを集中して食べるのではなく、バランスのよい食事を毎日続けることが大切です。外食が増えてしまうときも、和食を中心にするだけでもEDに効果がある食事にすることができます。

■バイアグラは通販で買うと安く済ませる事ができます
バイアグラを通販で買ってみよう
■EDは薬でも改善できますよ
カマグラで楽しい性行為を

関連記事