パートナーや妻にEDであることを知らせる意味

パートナーにEDを知らせた男性男性としてはパートナーや妻になかなか言い出しにくい話題でもあります。人によっては男性としての威厳が損なわれると感じる人もいますので、言い出せない人がいるのも当然です。ただし言うことに意味があることを忘れてはいけません。パートナーや妻がEDであることを知っていることに意味があります。

まず伝えることで相手を傷つけないことに貢献します。性行為の最中、勃起をしないというのは女性としてもショックを受けることがあります。自分自身に女性としての魅力がなくなったと勘違いしてしまうことがあり、そこから関係が破綻してしまうことも。そのようなことにならないためにも、勃起がしにくくなっていることを伝えるようにしましょう。よくある男性の行動として、勃起をしないことを知られたくないから性行為を避けることがあります。そうなるとますます傷つくのは女性です。性的な魅力がなくなっているから求められなくなったと感じ、そこから別れるという結末を迎えることも。そうならないためにも、打ち明けた方が良いです。

黙ってED治療薬を服用する男性もいますが、その場合も要注意です。もともとEDになる男性は心臓や血管が悪くなっている可能性があります。勃起不全は血液の流れが悪くなることで起きる症状であり、そう考えると心臓や血管に障害が起きていることの理解はそう難しくはないでしょう。また性行為自体心臓に負担が掛かりますので、ED治療薬を服用し、そのうえで性行為を行うと発作が起きる可能性があります。ときに意志表示ができないこともあり、そんなときに困ってしまうことが起こります。

治療薬を服用したときと、していない時の発作の治療方法は異なりますので、医療従事者として判断を迷うことにもなり兼ねません。ここはしっかりとパートナーや妻に治療薬を服用していることを伝えておくべきです。そうすることで適切な治療を受けることができます。このような点は意外と見落としがちになりますので、服用していることを必ずパートナーや妻に伝えておくのが適切です。

パートナーや妻に伝えることの意味として2つあります。相手を傷つけないことと、もしものときの対応が適切になることです。自分の威厳を守ることも大切ですが、相手を思いやることと自分の身体を守ることにも繋がりますので、積極的に相手には伝えておくことをおすすめします。そうすることで適切なED治療薬の使い方ができるようになるでしょう。

関連記事